penguinpenguinの日記

サラリーマンを辞めたい人を応援します。

友だち追加 ←LINE@はじめました。ご登録頂いた方には投資の知識がつく無料動画をプレゼントしております。ご覧頂いたらぜひ感想をお聞かせ下さい。

キャッシュフローが全てではありません

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

不動産投資をやっていると、どうしてもキャッシュフローが多い物件に目が言ってしまいます。

だけど、そこだけではないのです。

 

毎月キャッシュフローが15万円出るけど、10年後に2000万円で売れる物件を5000万円で買うのと、

 

毎月のキャッシュフローが5万円だけど、10年後に5000万円で売れる物件を5000万円で買うのはどちらが賢い選択でしょうか。

 

特に地方の物件はキャッシュフローがたくさん出ても、それ以上に価値が下がっていく恐れがあるので要注意です。

 

順番としては、まずはそこそこの地方でキャッシュを生んでくれる物件をスルガや静岡銀行で購入し、キャッシュを貯えます。

 

その後、そのキャッシュを自己資金として入れて、都内の土地値に近い物件を購入するのが一番の方法だと思います。

 

キャッシュフローは例え5万円でも、買値で売れる物件ならばローン返済のうち元金部分は積立貯金をしているのと同じです。

 

ここの視点が欠けている人がどうも多い気がします。

 

目先のキャッシュフローだけでなく、将来的な不動産の価値も考えて行動しましょう。