penguinpenguinの日記

サラリーマンを辞めたい人を応援します。

友だち追加 ←LINE@はじめました。ご登録頂いた方には投資の知識がつく無料動画をプレゼントしております。ご覧頂いたらぜひ感想をお聞かせ下さい。

20代向け不動産投資

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

私は30代から不動産投資を始めて、今では9棟100室を保有していますが、これが誰でもできる訳ではありません。

私はそこそこ大きい企業に所属していて、給与も平均より良かったため、ここまで規模を拡大できたと思います。

でも、誰にでもその人なりの方法があると思います。

1棟を購入するには年収700万円、頭金10%は必要になります。

自分がもしもそこまでの属性が無かったらどうするか考えてみました。

 

私が25歳で年収400万円のサラリーマンだったとします。

まずは太陽光発電所2500万円をフルローンで購入します。

これで月々2万円のキャッシュフローと消費税還付で200万円の現金を手にすることができます。

次にもう1基太陽光発電所を購入します。

これで月々4万円のキャッシュフローと消費税還付で400万円の現金を手にすることができました。

次は都内の中古区分を購入します。

これもフルローンで2000万円以内で購入します。

ただし、手出しが1万円程度発生しますが太陽光発電所からのキャッシュフローが4万円ありますので、これで十分にカバーできます。

ここまでが1年目。

 

2年目は400万円の現金と貯めたキャッシュフローで関東の戸建賃貸を現金で購入します。できれば一都三県が良いです。

 

3年目がいよいよ勝負の年になりますが、今までの運営実績と、貯めたキャッシュフローと担保として提供する戸建をひっさげて公庫に融資を依頼します。

公庫の審査では

1.運営実績

2.現金

3.担保となる物件

が必要ですので、これで必要な要素が全て揃ったことになります。

 

つまり1棟目の戸建を担保として、2棟目の戸建に融資してもらうのです。

当然2棟目に購入した物件は担保がつかないので、これを4年目に担保として差し出します。

 

この方法を使えば年に1棟ずつ戸建が増えていきます。

戸建が5棟位になれば、太陽光発電所2基と合算して収入が700万円を超えて来ると思いますので、ここで信用金庫を訪問してアパートローンの融資を受けます。

今までの実績と堅実な姿勢をきっと評価してくれる信用金庫があると思います。

 

ここからは信用金庫を使ってアパートを購入していきます。

 

アパートになるとグロスが大きいので規模の拡大が早まります。

 

後は自分が目標とするところまで物件を購入すれば良いのではないでしょうか。

 

今の知識と経験があって、私がもしも20代なら、上記の方法を取っていたと思います。この方法であれば時間は多少かかりますが、リタイヤまでいけると考えます。