penguinpenguinの日記

サラリーマンを辞めたい人を応援します。

友だち追加 ←LINE@はじめました。ご登録頂いた方には投資の知識がつく無料動画をプレゼントしております。ご覧頂いたらぜひ感想をお聞かせ下さい。

東京で家を買う方法

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

東京で家を購入すると当たり前ですがとても高いです。

LDKのマンションを購入するとなると、城北地域で5000万円、城西地域で6000万円という金額になります。

フルローンで購入すると返済は15~20万円。

戸建てはもっと高いです。

世田谷区桜上水で100㎡位の新築戸建を購入すると8000万円位かかります。

フルローンで購入すれば25万円位返済しなければなりません。

 

一般的なサラリーマンだと、ほとんどがローンの返済に消えてしまいますね。

 

そこで賃貸併用住宅という選択肢があります。

 

例えば私は3年前に16000万円で中野区に賃貸併用住宅を購入しました。

静岡銀行で3.3%35年でフルローンを組み、月々の返済は約65万円でした。

 

B1~1階は前のオーナーが住んでいて、2~3階は1DKが6部屋という構成です。

 

2~3階の家賃が57万円でしたので、B1と1階の両方を居住用として利用しても、月々の負担は8万円で済みます。

 

でも、B1Fと1Fはそれぞれ130㎡もあったので、そんなに必要ありません。

 

仮にB1Fをテナントとして賃貸に出せば、中野なので安くても20万円で貸せます。

 

そうするとただで住んだ上に、プラス12万円が入ってくる計算になります。

 

これってすごくないですか?

 

中野区に130㎡、そして車2台が駐車できる家に住めた上で、12万円も入ってくるのです。

 

もしも1階を貸せば30万円になりますので、キャッシュフローが42万円になります。

 

住んでよし、貸してよしが賃貸併用住宅なのです。

 

私はこのような質の良い賃貸併用住宅の情報を仕入れて、サラリーマンに紹介していきたいと思っております。