penguinpenguinの日記

サラリーマンを辞めたい人を応援します。

友だち追加 ←LINE@はじめました。ご登録頂いた方には投資の知識がつく無料動画をプレゼントしております。ご覧頂いたらぜひ感想をお聞かせ下さい。

投資用不動産の探し方

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

いろいろな方法があると思いますが、私はインターネットで探すことが多いです。

 

それこそ、楽待とかけんびやで探します。

 

普通に検索して、資料請求をしますが、メッセージでは

「謄本、レントロール、評価証明、図面等を送付下さい」とお願いします。

 

ここで、不動産会社の立場が分かります。

 

謄本等をすぐに送ってこないのは、単なる仲介業者です。

 

俗にいう元付業者でないと、指値などの各種交渉ができません。特に都内の物件は。

なので、そんな業者はここでバイバイします。

 

そして資料がそろってきます。

見比べてみると先ほどの仲介業者の物件がどうしても欲しいとします。

ただ、一般投資家はどこが元付か分かりません。

 

その場合方法が2つあります。

1つは知り合いの不動産業者にお願いして元付を教えてもらう方法です。

 

知合いなんていないっていう場合には、とりあえず現地に行きます。

 

現地に行くと、何となく元付がどこだか分かることが多いのです。

 

例えば、空室ありなんていう不動産業者の看板があれば、とりあえずそこに電話します。そうすると、管理会社が元付だったり、教えてくれたりすることもあります。

 

インターネットで出回っている物件は、このままでは買うに値しませんが、ここから頑張って交渉すれば十分購入に値する物件になります。

 

そのためには1工夫も2工夫も必要なのですが、そんなに難しくはありません。

 

上記は一例ですので、皆さんでもいろいろと試して下さい。