penguinpenguinの日記

サラリーマンを辞めたい人を応援します。

友だち追加 ←LINE@はじめました。ご登録頂いた方には投資の知識がつく無料動画をプレゼントしております。ご覧頂いたらぜひ感想をお聞かせ下さい。

連帯保証人を無許可で解任されました

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

ここを押して頂けるとうれしいです


人気ブログランキング

最近トラブルが続いています。

 

今日は管理会社が入居者の連帯保証人を、当時のオーナーに相談せずに解約していたことが判明しました。

 

なぜ判明したかというと、滞納している入居者がいて、裁判に踏み切ると保証会社から連絡がありました。そうなると、原状回復費や荷物の運び出しに費用がかかりますので、連帯保証人について確認をする必要があります。

 

前オーナーからもらい受けた賃貸借契約書に連帯保証人の書類があったので一安心していたのですが、何だか悪い予感がして管理会社に確認の連絡をしました。

 

そうすると案の定、悪い予感が的中しまして、連帯保証人からの要望により、解約しました。その代わり保証会社に加入しました。

 

 

びっくりしました。連帯保証人の解約なんて聞いたことありません。

しかも前オーナーもこのことは知らないそうです。

 

保証会社に加入していれば家賃の滞納があっても一定期間は保証してくれます。

でも、部屋の原状回復費用とか、入居者が失踪した場合の荷物の処分費用なんかは保証会社は保証してくれないのです。

 

そこで、通常は保証会社と連帯保証人の両方を取るのです。

 

今回の話はどうなるか?

私は購入前に賃貸借契約書を確認しています。そこには連帯保証人に関する書類があり、それに基づいて購入判断をしているのです。

 

購入を判断する情報が違うということですから、これはかなり大きな問題です。

 

もっと大きな問題は、オーナーに確認しないで連帯保証人を解約している点です。

 

ありえないことですが、地場の小さい会社だと結構無茶なこともすることがあります。

 

無茶なことされたらどうか泣き寝入りせずに、問題を向き合いましょう。

このような経験は必ず役に立ちます。

 

最近ではトラブルが起きると、ブログのネタができたと少しうれしく思う自分がいます。

 

↓LINE@はじめました。登録して頂いた方には不動産に関する無料動画と希望の方は石澤との通話をプレゼントしています。

 

友だち追加