penguinpenguinの日記

サラリーマンを辞めたい人を応援します。

友だち追加 ←LINE@はじめました。ご登録頂いた方には投資の知識がつく無料動画をプレゼントしております。ご覧頂いたらぜひ感想をお聞かせ下さい。

信金と良いつきあいをする方法

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

ここを押して頂けるとうれしいです


人気ブログランキング

不動産投資に対する融資が厳しくなっていますが、そんな時に地域密着ということで話を聞いてくれるのが信用金庫です。

 

ただ、信用金庫に行って、担当者ともノリノリで話をしたものの、結局は融資を断られるというのはよく聞く話です。

 

どうしてうまくいかないのか?

 

それは、いきなり金融機関を訪問して数千万円の融資をお願いするからです。

 

サラリーマン投資家は1棟目にスルガやオリックスを使って、1億前後の物件を購入することが多いと思います。

 

この感覚を信用金庫に持ち込むから失敗するのです。

 

本来の金融機関は、小額の取引からはじまって、だんだんと大きな取引に移行するものです。

 

いきなり信用金庫を訪問して、4000万円貸してください!と言ってもそれは無理な話です。

 

ではどうするか?

 

まずは普通預金を作りましょう。

そして定期を少し入れて、後は積立を行います。

 

この積立というのが、とても重要な意味を持ちます。

毎月貯蓄額が増えていくというのは、信用金庫からしてとても良い状況なのです。

 

そして半年後位に、リフォームローンでもマイカーローンでも良いので100万円位の融資を保証協会付けで組みましょう。

 

これは保証協会の審査が入りますので、絶対とは言えないのですが、もしも通れば晴れて融資取引のスタートです。

 

ここからは積立の実績と融資の返済実績という2つの実績を積むことができます。

 

ここまでくれば、本命のアパート融資までだいぶ近づきました。

 

盆暮れにはボーナスの一部を定期に入れたりして担当者との付き合いも深まってきたでしょう。

お歳暮・お中元の時期にはタオルや石鹸を持ってきてくれるでしょう。

 

このような段階でアパートに関する融資を打診しましょう。

 

ここまで外堀を埋められてしまうと、少なくても信用金庫の支店レベルではGOサインが出ます。

 

後は、ほぼほぼ例外なく本店決済となりますので、そこでどんな結論が出るのか、待つしかありません。

 

でも、一度本店に出してしまえば、それがダメでも、次は断りにくくなったりします。

 

信用金庫の攻略には、徐々に外堀を埋めていくことが重要とおぼえておきましょう。

 

↓LINE@はじめました。登録して頂いた方には不動産投資に関する有益な情報と希望の方には無料動画をご提供しています。

 

友だち追加