penguinpenguinの日記

サラリーマンを辞めたい人を応援します。

友だち追加 ←LINE@はじめました。ご登録頂いた方には投資の知識がつく無料動画をプレゼントしております。ご覧頂いたらぜひ感想をお聞かせ下さい。

ある別荘地のに起きていること

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

ここを押して頂けるとうれしいです


人気ブログランキング

固有名詞をあげるのは避けますが、関東のある別荘地が投資としておもしろそうです。

 

それは市場が歪んでいるからです。

 

ここの別荘地はかなり名前の通っている場所なのですが、バブルの時にブームになったので、その時に買った方が高齢化し相続を見据えて売ろうとしているのですが、買おうという人が少ないのです。

 

シェアリングエコノミーという考えが浸透していますから、住宅は金利が安いから購入してもいいけど、別荘を購入しようという若い方は稀です。

 

ただシェアリングエコノミーですから、別荘を借りたいというニーズは強いです。

 

ということで、借りたい人が多いのだけど、貸し手がいない。そして売りたい人は多いけど買いたい人が少ない。

それを購入して賃貸に出せばよい。

こんな図式が成立するのです。

 

じゃあ今のオーナーは売らずに貸せば良いのではと思うところです。

私もそう考えました。

でもオーナーの立場からするとこうなります。

 

「とりあえず別荘として年に1回は利用するから、その間はダメもとで売りに出そう。でも賃貸に出してしまったら買いたい人が現れた場合に売れずにチャンスを逃してしまうから、貸すのはやめよう」

 

こんな思考回路になっています。

 

安く購入してしまい、適切な賃料で貸せば、かなり勝率は高いと踏んでいます。

まずは私がやってみて、再現性が担保できそうであればLF会員にはおすすめしていこうと思っています。

 

不動産は本当に奥が深くておもしろいなと思います。

 

友だち追加