penguinpenguinの日記

サラリーマンを辞めたい人を応援します。

友だち追加 ←LINEはじめました。ご登録頂いた方には物件情報・セミナーなどのお得な情報を発信いたします。

RCはなぜ維持費がかかるのか

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

ここを押して頂けるとうれしいです


人気ブログランキング

私はアパートやらマンションやらを15棟ほど、保有しているのですが、RC、鉄骨、木造とほど全ての構造を保有しています。

 

RCを欲しいという方は多いのですが、実は結構維持費がかかります。

 

保有していないとなかなかイメージが湧かないかと思いますので、まとめてみます。

 

1.固都税が高い

 RCは耐用年数が長く、もともとの課税標準も高めのことが多いので、中古で購入したとしても、税金が高くなってしまいます。

 この部分、購入する時は説明されないと思います。

 なぜなら、仲介会社の社員は不動産の営業マンであっても投資家ではないからです。

 同じ規模のアパートでも、木造は年間の税金が20万円位なのに、RCは80万円ほどかかることもあります。

 

2.高い設備が多い

 RCは比較的大きな規模のことが多いので、いろんな高い設備が多いです。

 例えばエレベーターは点検費用だけでも月々数万円かかりますし、設備交換すると1,000万円は軽くオーバーします。

 また、給水ポンプや、地下があれば排水ポンプなどとにかくお金のかかる設備が多いですね。

 

3.修理費用が高い

 木造は3階までですが、RCはたいてい3階以上のことが多く、場合によっては8階なんていう物件を個人でお持ちの方もいらっしゃいます。

 そうなると、修繕の時に必要となる足場がかなり高額になります。

 それでRCの大規模修繕は目玉が飛び出るくらいの金額になってしまうのです。

 

他にもいろいろありますが、RCは購入してからが大変です。

購入時に大規模修繕がされていなければ10年以内に間違いなく大規模修繕が必要になりますので、それを資金計画に入れた上で購入をしないと、大変なことになります。

友だち追加