penguinpenguinの日記

サラリーマンを辞めたい人を応援します。

友だち追加 ←LINEはじめました。ご登録頂いた方には物件情報・セミナーなどのお得な情報を発信いたします。

水損事故が起きた場合の保険対応

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

収益物件を購入する時には火災保険に加入するかと思いますが、特に築古物件を購入する時にはフルサポートの保険に入ることが重要になります。

 

例えば給水管からの漏れ。

これは老朽化であることが原因のことが多いので、配管自体の修理には保険は使えません。

しかし、給水管から漏れたことによって、床や下階の天井・床・壁が汚損してしまった場合、保険金が支払われ可能性があります。

 

ただし、フルサポートの保険に入り、「汚破損特約」に加入していることが必要になります。

 

もしも築古物件を保有している方は、すぐにでも火災保険証券を確認して下さい。

 

汚破損に関する特約が入っていなければ、すぐにでも加入することをおすすめします。

 

1Kの部屋でも水損でスケルトン工事をすると300万円以上かかってしまうことがありますので、保険で安心が買えると思えば安いものです。

 

ちなみに現在の火災保険制度はとても不平等だと思います。

 

自動車保険なら無事故割引があって、事故をしなければ保険料が安くなりますが、火災保険では適用されないからです。

 

もちろん自動車保険は本人の自覚や注意によるところが多く、逆に火災保険は不慮の事故によるものという差がありますが、これにより、ほとんど保険を利用しない新築物件のオーナーが割りを食っているのは否めませんね。