penguinpenguinの日記

サラリーマンを辞めたい人を応援します。

友だち追加 ←LINEはじめました。ご登録頂いた方には物件情報・セミナーなどのお得な情報を発信いたします。

物件調査のやり方 謄本

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

不動産の資料請求をすると、まず謄本が送られてきます。
謄本のチェックすべき点をまとめます

1.所有者は誰か →売主と一致しているか、共有者がいるか
2.所有権以外の権利があるか →仮登記、差し押さえがある場合には、解除できるか
3.抵当権の種類 →抵当権が繰り返し設定され解除されている場合には、売主の懐事情が厳しい また金融機関以外の抵当権が入っている場合には事情をヒアリングする必要があり
4.抵当権の債務書 →所有者と債務者が同一か。違う場合には第三者の債務のために抵当権を設定しているので、細かいヒアリングが必要
5.抵当権を抹消できるか →売却価格よりも残債が多い場合は、本当に抹消できるのかを確認する
6.地役権など抵当権以外 →地役権の場合は使用料が入ってくるケースがある

特に注意なのは、売主の財政状態が悪い場合です。
この様な方に手付金や内金を払ってしまうと戻らない可能性があることを認識しておきましょう。

このように謄本からは様々な情報を読み解くことが可能です。