penguinpenguinの日記

サラリーマンを辞めたい人を応援します。

友だち追加 ←LINE@はじめました。ご登録頂いた方には投資の知識がつく無料動画をプレゼントしております。ご覧頂いたらぜひ感想をお聞かせ下さい。

連帯保証人と家賃保証

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

連帯保証人の件で、昨日から揉めていますが、大事な点なので皆さんにも注意喚起したいと思います。

 

家賃保証がついていれば、連帯保証人がなくてもOKか?

答えはNOです。

 

例えば滞納だけであれば家賃保証でカバーできますが、本人が蒸発してしまった場合、追い出しや現状回復にかかる費用は家賃保証でカバーできないことがあるのです。

 

また、万が一孤独死が発生し、部屋がひどいことになってしまった場合でも、家賃保証では部屋の修繕費まで出してくれません。

また、そもそも遺体の引き取り人はどうするのか?残った家財はどうするのか?といった問題も生じますので、家賃保証だけでなくできれば連帯保証人もつけた方が良いです。

 

信じられないことですが、家賃保証を付けておけば、どんなケースでも大丈夫と思っている不動産屋がいます。

 

私のトラブルもそんな不動産屋が原因でした。

 

連帯保証人と家賃保証を正しく理解し、無用なトラブルに巻き込まれないようにしましょう。

 

私の場合は、家賃保証でカバーしきれない部分は不動産屋が負担してくれるということで話がまとまりましたが、このあたりの知識を持っていなければ、自分で負担する羽目になるところでした。