penguinpenguinの日記

サラリーマンを辞めたい人を応援します。

友だち追加 ←LINEはじめました。ご登録頂いた方には物件情報・セミナーなどのお得な情報を発信いたします。

お客さんが月額CF100万円を達成しました

ここを押して頂けるとうれしいです


人気ブログランキング

友だち追加

私はもともとサラリーマンをやっていたのですが、その会社を退職した後に、同僚や後輩が噂を聞きつけて連絡をくれました。

 

その噂と言うのは、PenguiPenguinは不動産投資で食っていけるようになったから退職したようだ。

 

このような噂です。

噂というか、ほぼ事実なのですが、一点違うのはだいたいの方は不動産投資が不労所得だと思っているところです。

 

この点は大きな誤りですので、きちんと仕組みや難しさそしてリスクを説明すると、半分の方は諦めます。

しかし、もう半分の方はそれでも良いからやりたいと私の顧客になりました。

 

そして、そのうちの一人が、とうとう月額CF100万円を達成しました。

 

内容としては太陽光と中古のアパートです。

 

当初はまさか自分の資産がここまで増えるとは思っていなかったようで、大変喜ばれ感謝されてました。

 

このように、一から私の所に来て頂ければ、このように順調に資産形成できるのですが、難しいのは他で変な物件を買わされてしまい、運営が厳しくなって相談に来られる場合です。

 

不動産投資は金額が大きいだけに、うまくいけば今回のお客さんのように月額100万円のCFを達成することはそれほど難しくないのですが、他で変な物件を買わされてしまうとリカバリーが難しいです。

 

そのようなケースは、アーリーリタイヤを目指すのではなく、不動産運営テクニックを駆使して何とか返済終了まで物件を持たせる方法を提案させて頂いています。

 

でも、人生で失敗はつきものです。

失敗をスパイスだと思って、前向きにとらえて頂ければきっと道は拓けます。

 

私もかなり苦しい場面や、もうどうにもならないような場面に直面しましたが、こんな悪いことが起きたのだから、次は良いことしか起きないだろう。という根拠なき自身で難局を乗り越えてきました。

 

今がとても苦しいという投資家も多いかと思いますが、諦めずに取り組んで頂きたいと思います。

 

悪質な入居者と仲良くなる方法

家賃滞納の常習犯、クレーマー、トラブルメーカーなど悪質な入居者に困っていませんか?

 

築古になればなるほど、家賃が安くなればなるほど、入居者の質が下がっていきますので、新築を買われている方にはピンと来ないかもしれません。

 

逆にピンと来た方は、中級者以上とお見受けします。

 

この様な悪質な入居者と仲良くなる方法があります。

それは、とても簡単です。

相手を怒らせて、こちらもキレて、怒鳴り合ってお互いにスッキリするのです(笑)

 

これをやると8割くらいの確率で仲良くなれます。

 

でも残りの2割は修復不可能な関係になりますのでハイリスクハイリターンです。

 

私はナニワ金融道という漫画が大好きなのですが、はからずもあの様な世界に足を突っ込んでしまいました。

でもイメージは具現化するということを身をもって証明してますね。ある意味、この様な状況を自分が望んでいたのかもしれません。

 

この方法は注意が1つあります。

 

ホントにヤバい人にはしないで下さい。

 

刺される可能性があります(笑)

 

ちなみに、私は外国人相手に滞納家賃の回収をする時は、護身具を持って二人以上で行き、相手に背中を向けないようにしています。

 

また、私が経験した今までで一番ヤバい入居者は、ムショ上がりの覚醒剤常習者の○クザでした。

 

くれぐれもこの様な方にはご注意下さい。というか、この様な方はやはりはじめから入居させないことが一番です😓

業者になることのメリット

一時期はサラリーマン投資家がフルローンをひいてバンバン購入していましたが、このところ買えなくなっているのではないでしょうか。

 

これを打開する良い方法があります。

 

それは宅建資格を取得して、業者になることです。

 

宅建免許を取得すると、不動産のプロということになりますので、サラリーマンには融資してくれない金融機関も、業者には融資してくれます。

 

私もサラリーマン時代にはなかったことなのですが、宅建業者になると、信用金庫が事務所に定期的に訪れて「お金借りませんか?」と営業を受けます。

 

また信用金庫以外でも地銀やノンバンクからも、融資のお誘いが来ます。

 

オファーはとてもうれしいのですが、ここで借りすぎると道を誤りますので、慎重さが何よりも重要になります。

 

また、コロナ融資も引きやすいです。

 

2020年は信用保証協会、政策金融公庫、市区町村の融資 合計して5つほどの融資を受けました。それも0%台の低金利です。

 

中小企業はこのような融資を受けることができるのですが、さほど困っていない会社も融資を受けて、それを使って収益物件を現金買いしているケースを見受けます。

 

この政策融資ですが、恐ろしいほど出ています。

ついに日本政府はインフレ起こして、借金を帳消しにする行動に出たのでしょうか。

 

これからも出続けるでしょうから、インフレになる確率高いと思います。

 

その時には現金は紙切れになり、不動産を保有している者はウハウハです。

 

私がこっそり祈っているのは、インフレが起きて、ヤバい物件を〇ルガ銀行融資で掴まされてしまったサラリーマン投資家が、全員救われることです。

 

内心では確率50%くらいでこのようなことが起きるのではないかと、とても期待しています。

 

ありたい状態を強くイメージすること

ここを押して頂けるとうれしいです


人気ブログランキング

友だち追加

私は新入社員で入った瞬間から、副収入を得る方法を考えていました。

 

人生の大部分を仕事に費やすのはつまらないと思ったからです。

 

私の入った会社はとても安定していて、給料も良かったのですが、体質が古く、長い勤務時間をした者が評価を得て、上司の顔色をうかがう者が出世をする会社でした。

 

上に反発してしまう私のような人間は将来的にいにくくなることは明白でした。

 

そんなわけで、副収入を得るということは私にとって、かなりプライオリティの高い事柄で、いつもアンテナを張り情報を得て、将来のイメージを行っていました。

 

2000年当時の私のイメージは

・会社には行かず、自宅で好きな時に働く

・自由な時間を持ち、好きな時に好きなことをする

・金銭的に自由になる

・家族との時間を大切にする

・やりたくない仕事はやらない

・嫌いな人とは付き合わない

 

こんな将来像をかなり強くイメージしていました。

 

その結果、現在では全てを実現できています。

 

人間は強くイメージしたものは実現できるのです。良い方向にも悪い方向にも。

 

所詮自分にはできない、投資しても良くないことが起きるに違いない、こんなイメージを持っていると本当にその通りになります。

 

例えば、アメリカで実際に起きたこんな話があります。

 

ベトナム戦争から帰ってきた兵士ですが、帰国後に脳腫瘍になってしまいました。

入院したものの手術もできず、薬も思うように効きません。

とうとう余命宣告を受けた彼は、そのショックのせいか毎晩恐ろしい夢を見るようになります。

それはベトナムのジャングルで、ベトコンのゲリラに襲撃され、頭をライフルで打ち抜かれる夢です。

それが毎晩続きました。

自分の頭が打ちぬかれ、粉々になる場面を毎晩鮮明に夢として見たのです。

それが3か月ほど続き、余命宣告の期限が来る頃、医者から驚きの報告を受けるのです。

「ガンが消えています」

これには彼も医者も驚きます。

手術もできず、薬も効かなかった癌がきれいに消えてしまったのです。

 

なぜだと思いますか?

 

彼は毎晩毎晩、自分の頭が粉々になる鮮明な夢を見ていたのです。

それは頭の中のガンが砕け散るイメージだったのです。

このガンが砕け散るという強いイメージを続けることで、本当にガンが消えてしまったのです。

 

病は気からといいますが、私は本当にそうだと思います。

 

私はオカルト的なことは全く興味ありませんし、宗教にも興味がありません。

 

しかし、自分が強く思ったことは叶う。

このことは強く信じています。

 

現時点でできるできないは関係ありません。

将来こうなりたいというポジティブなイメージを鮮明に持ちましょう。

 

そのためにはノートを1冊用意します。

 

そこに将来どうなりたいか、それを達成した自分は、どんな所に住んで、どんな車に乗って、どんなことをしているか書きましょう。

 

恥ずかしがってはいけません(笑)

私も書き溜めたノートは300冊を超えますが、初期はかなり恥ずかしいことを書いています。

 

そして、それを実現するために、どんなことをすべきかも殴り書きしましょう。

 

書くことによって、イメージが鮮明になり、またどんどん広がっていきます。

 

また人間の脳は、書いたことは実現しなくてはと思いますので、ゆっくりではありますが実現に向かうことができるのです。

 

ただ、イメージするためには実際にやってみないとイメージできないですよね?

 

ですので、たまには豪華な食事をしたり、高級旅館に宿泊したりしましょう。

 

それによって、将来のイメージが明確になり、またぜひこのような体験をしたいという強い動機になるのです。

 

ですから、節約してばかりの方はなかなか良いイメージが描けないので、出費は減るかもしれませんが、収入が増えてきません。

 

お金は気持ちよく使ってくれる人のところにやってくると言いますが、言いえて妙だと思います。

 

 

ありたい状態を強くイメージすること

ここを押して頂けるとうれしいです


人気ブログランキング

友だち追加

私は新入社員で入った瞬間から、副収入を得る方法を考えていました。

 

人生の大部分を仕事に費やすのはつまらないと思ったからです。

 

私の入った会社はとても安定していて、給料も良かったのですが、体質が古く、長い勤務時間をした者が評価を得て、上司の顔色をうかがう者が出世をする会社でした。

 

上に反発してしまう私のような人間は将来的にいにくくなることは明白でした。

 

そんなわけで、副収入を得るということは私にとって、かなりプライオリティの高い事柄で、いつもアンテナを張り情報を得て、将来のイメージを行っていました。

 

2000年当時の私のイメージは

・会社には行かず、自宅で好きな時に働く

・自由な時間を持ち、好きな時に好きなことをする

・金銭的に自由になる

・家族との時間を大切にする

・やりたくない仕事はやらない

・嫌いな人とは付き合わない

 

こんな将来像をかなり強くイメージしていました。

 

その結果、現在では全てを実現できています。

 

人間は強くイメージしたものは実現できるのです。良い方向にも悪い方向にも。

 

所詮自分にはできない、投資しても良くないことが起きるに違いない、こんなイメージを持っていると本当にその通りになります。

 

例えば、アメリカで実際に起きたこんな話があります。

 

ベトナム戦争から帰ってきた兵士ですが、帰国後に脳腫瘍になってしまいました。

入院したものの手術もできず、薬も思うように効きません。

とうとう余命宣告を受けた彼は、そのショックのせいか毎晩恐ろしい夢を見るようになります。

それはベトナムのジャングルで、ベトコンのゲリラに襲撃され、頭をライフルで打ち抜かれる夢です。

それが毎晩続きました。

自分の頭が打ちぬかれ、粉々になる場面を毎晩鮮明に夢として見たのです。

それが3か月ほど続き、余命宣告の期限が来る頃、医者から驚きの報告を受けるのです。

「ガンが消えています」

これには彼も医者も驚きます。

手術もできず、薬も効かなかった癌がきれいに消えてしまったのです。

 

なぜだと思いますか?

 

彼は毎晩毎晩、自分の頭が粉々になる鮮明な夢を見ていたのです。

それは頭の中のガンが砕け散るイメージだったのです。

このガンが砕け散るという強いイメージを続けることで、本当にガンが消えてしまったのです。

 

病は気からといいますが、私は本当にそうだと思います。

 

私はオカルト的なことは全く興味ありませんし、宗教にも興味がありません。

 

しかし、自分が強く思ったことは叶う。

このことは強く信じています。

 

現時点でできるできないは関係ありません。

将来こうなりたいというポジティブなイメージを鮮明に持ちましょう。

 

そのためにはノートを1冊用意します。

 

そこに将来どうなりたいか、それを達成した自分は、どんな所に住んで、どんな車に乗って、どんなことをしているか書きましょう。

 

恥ずかしがってはいけません(笑)

私も書き溜めたノートは300冊を超えますが、初期はかなり恥ずかしいことを書いています。

 

そして、それを実現するために、どんなことをすべきかも殴り書きしましょう。

 

書くことによって、イメージが鮮明になり、またどんどん広がっていきます。

 

また人間の脳は、書いたことは実現しなくてはと思いますので、ゆっくりではありますが実現に向かうことができるのです。

 

ただ、イメージするためには実際にやってみないとイメージできないですよね?

 

ですので、たまには豪華な食事をしたり、高級旅館に宿泊したりしましょう。

 

それによって、将来のイメージが明確になり、またぜひこのような体験をしたいという強い動機になるのです。

 

ですから、節約してばかりの方はなかなか良いイメージが描けないので、出費は減るかもしれませんが、収入が増えてきません。

 

お金は気持ちよく使ってくれる人のところにやってくると言いますが、言いえて妙だと思います。

 

 

不動産価格は再度高騰するか

レインズは毎日チェックしていますが、1年前と比べて買いたいと思う物件は減ってきています。

 

価格が高騰していますね。

 

最近ではこの金額では売れないのではと思うものも飛ぶように売れていきます。

 

コロナで不動産価格は下がると思っていたのですが、どうやら逆のことが起きているようです。

 

おそらく資金の大量供給が原因でしょう。

 

知り合いの不動産屋さんに投資家から問い合わせがあって、「現金の価値が目減りする前に物件を購入したい」このような依頼があったそうです。

 

これは現状をとても的確に表していると思います。

 

市場に現金が溢れていて、行き場を求めて株やらビットコインやらが高騰しています。

 

現物資産の代表である不動産にも、流れてきています。

 

私が不動産投資を始めたのが2011年ですが、思えばそこから不動産は上がり続けている気がします。

 

2011年頃は目黒駅徒歩で鉄骨築20年利回り9%なんて物件がゴロゴロありました。

 

23区外や神奈川物件は10%越えが当たり前でした。

 

なので、いつも残像と戦っていました(笑)。

 

今も同じですね。

 

不動産が安くなるか、高くなるかは誰も分かりません。

 

収益不動産を買いたいと希望されるお客さんがいる以上、過去のように飛びぬけた物件を仲介することを狙うよりも、現状の選択肢の中で最も適切な物件を購入して頂く。そして大儲けはできないけど、しっかり現金を稼いでくれるような物件の仲介そして管理を今後もしていきたいと思います。

 

 

300万円の絵をもらいました

この絵はいくらに見えますか?


f:id:penguinpenguin:20210109171628j:image

 

なんと300万円です。

これをお客さんからもらいました。

 

もちろんワケアリです(笑)

 

実はこのお客さんはかなりの資産家なのですが、かなり前に騙されてこの絵を買わされてしまったのです。

 

周りから散々言われて、騙されたことは本人も分かっているのですが、この方も高齢なので施設に入ることになりました。

 

それで自宅を処分することになり、家財や美術品も処分したのですが、この絵を捨てるのも悔しいので、事務所に飾ってもらえないか。

 

こんな申し出を頂いたのです。

 

私は絵に関してよく分からないのですが、お客さんが気に入って300万円も出したのであれば、300万円の価値があるのだと思います。

 

ということで、この絵は事務所に大事に飾ってあります。

 

もしもこの絵をご覧になりたい方は、ぜひ事務所へ起こしください。